site-f* in 京築

site-f* in 京築

コミュニティレイヤー

里山學校の風景ここ1〜2年、地域で行動しながらずっと考えて来たことがあります。
それは地域において「コミュニティレイヤー」を築くことと、それを社会で認知された「縁」として、仕組みにしていくことはできないのだろうか、ということです。

続きを読む

未来の食卓

未来の食卓01里山學校2011」の活動が始まった。
京築地域 ふるさとガイド養成研修」や、直売所「よってこ四季犀館」Webサービスでの情報発信の取り組みなど、いろんな取り組みがパラレルに動いており、私の中で、みやこ町〜京築での活動が、いよいよ本格始動して来た感がある。
現状は、まだまだその活動は経済的利益には結びついていないが、こうした地域でのソーシャルな活動は、確実に自分の財産になりつつあると実感している。

さて、里山學校のワークショップは、定員が少数で、あまり公募することなく定員に達してしまうため、広報露出度が低い。
これではややもすると内輪盛り上がりになってしまうので、1回は集客イベントを・・・と考え、企画に盛り込んだのが、この映画『未来の食卓』上映会だ。
フランスの小さな村で、学校給食をオーガニック化することで起きた様々なことをドキュメンタリー化したこの映画を通じ、食の安全安心はもとより、地産地消による地域の農業の活性化、都市農村交流、ひいては定住化や雇用創出などについて、問題意識を持った方々と、同じ場で僅かでも考えることができれば・・・と思った。

こどもたちの食を考える会(映画『未来の食卓』上映会+里山交流会)
http://satoyama-college.org/archives/279/

続きを読む

里山學校(さとやまカレッジ)2011

111005_01.jpg「田舎の学校。みんなが先生。」をキャッチフレーズに、昨年より「グリーン・ヴィレッジ・スクール」という取り組みを開始した。
地域に住む人々の知識やスキルを活かした学びの場(機会)を創り、その場(機会)を通じて、地域に文化的なにぎわいを生み出し、都市農村の交流、意識のある地域住民の連帯に繋げることが出来れば、との想いで、まずはささやかに、自分たちに出来ることから始めた。

その昨年度の取り組みは、一緒に築いて下さった講師の方々、参加して下さったたくさんの方々のおかげで、大成功のかたちで終えることができたが、次のステップとして、この取り組みを持続可能な仕組みに築き上げていきたいと思った。(というか、元々そうした構想はあったのだけれども。)
そこで今年度は、少子化や過疎、食の地産地消、森林の保全など、地域の抱える課題をテーマとしてより明確に盛り込み、より多くの地域の方々と関わりながら、講座やワークショップを構成しようと試みた。
ようやく準備を終え、10月下旬より、全5回に渡って展開する。
ホームページも用意しているので、是非そちらをご覧下さい。

里山學校(さとやまカレッジ)2011
http://satoyama-college.org/

続きを読む

ふるさとを学ぶ。ふるさとを伝える。

築上町『うみ、まち、さと、やま』ツアーガイド講座3ヶ月半ぶりの更新である。
ブログから遠ざかっていたわけではなく、ずっと多くのソーシャルメディアに関わって仕事をしているのだが、ここ数ヶ月、私の中で少なからず考え方に変化が起こったのは事実。
そのことについては、もう少し具体的にことが動き始めたところで、みなさまにもお知らせしたい。

さて、昨年みやこ町で開催した「京築地域 ふるさとガイド養成研修」だが、今年は築上町にその舞台を移し、現在5回に渡り、研修が開催されている。
「築上町『うみ、まち、さと、やま』ツアーガイド講座」と名づけられたこの講座は、築上町の自然や歴史、産業等の地域資源について、地元の方を中心に、ふるさとに関心のある方に学んでいただきながら、ただ学ぶだけでなく、ガイド役となっていただき、来訪者に対して広くふるさとについて伝える事の出来る人材を育てようとするものだ。

今年も京築観光バスさんにご協力いただき、現地を巡りながらの実地研修形式で、月に1度、大型バスを走らせている。
バスは最大52名までしか乗車できないため、定員が限られるのが難点だ。
今年も定員を大きく上回る応募があり、心苦しくも、多くの方に対し、お断りせざるを得なかった。

続きを読む

子ども祭り

子ども祭りゴールデンウィークまっただ中の5月3日、私の生まれ育ったみやこ町豊津(旧豊津町)では、子ども会の春祭りがある。
長女が1年生になったので、とうとう我が家も子ども会の仲間入りをし、私も法被来て、地区の祭りのお手伝いをした。

今年は震災の影響で、祭りを自粛するかどうかの議論が事前にあった。
何でも自粛の空気漂う中、地区の会合で私は、子どもの元気を願う祭りを、なんで中止する必要があるのかと意見したが、結局、各地区の足並みが揃わなかったようで、町全体で集合して祭りを行なうことは取りやめた様子。
幸いにして元気な私たちは、こんな時期だから、より強く子どもたちの元気を願いたい。

続きを読む

全てのブログ記事一覧

site-f* in 京築

Links
Twitter Updates
Tag Cloud
Feeds
    レッツシティ!北九州

Return to page top